メインコンテンツに移動

ランゲ1・デイマティック 銀座ブティック10thアニバーサリー・ リミテッドエディション

A.ランゲ&ゾーネが銀座ブティック10周年の記念限定モデルを発表

2018年はA.ランゲ&ゾーネが東京・銀座にブティックを開いてから10周年という節目の年に当たります。これを記念して、特別仕様のギョーシェ文字盤とブルーの配色で製作されたランゲ1・デイマティック 銀座ブティック10thアニバーサリー・リミテッドエディションを発表します。20本限定、銀座ブティックのみでの販売となる希少モデルです。

銀座ブティック10周年記念限定モデル
ランゲ1・デイマティック 銀座ブティック10thアニバーサリー・リミテッドエディション

2008年のブティックのオープンに際しては、記念モデルとしてランゲ1・ムーンフェイズ 東京ブティックリミテッドエディションが25本限定で発売されましたが、今回の10周年記念モデルにはランゲ1・デイマティックが選ばれました。センターローターを採用するA.ランゲ&ゾーネ自社製新型自動巻きムーブメント、キャリバーL021.1を搭載する初のランゲ1として2010年に誕生したランゲ1・デイマティックは、ブランドを代表するランゲ1のオリジナルモデルをまるで鏡に写したように左右が逆転したオフセンターダイヤルが印象的ですが、ランゲ1のパワーリザーブ表示をレトログラード式の曜日表示に置き換えたデザインに独特の個性とウィットが表現されています。

10周年に向けて日本からのリクエストにより2年前から準備を重ねて誕生したランゲ1・デイマティック 銀座ブティック10thアニバーサリー・リミテッドエディションは、直径39.5㎜のケースにホワイトゴールドを採用する20本が限定製作され、このA.ランゲ&ゾーネ銀座のみで販売される、まさにエクスクルーシブな逸品です。少数限定の希少性に加え、このリミテッドエディションだけに用いられる今回限りの特別仕様は時計愛好家を魅了してやまないでしょう。ゴールド無垢のダイヤルは、表面に手作業で美しいギョーシェ仕上げの装飾が施され、ブランドのロゴをはじめ、スティール針、アウトサイズデイトの数字、時・分と秒の目盛や曜日、曜日表示と自動巻きを意味するドイツ語の文字に至るすべてが鮮烈なブルーで彩られているのです。

ランゲ1・デイマティック 銀座ブティック10thアニバーサリー・リミテッドエディションのパワーリザーブ50時間の自動巻き、各表示が一目でわかるオフセンターダイヤルの優れた視認性、ホワイトにブルーが映える控えめながらもさりげなく華のあるクリーンなデザインは、オン・オフを問わず普段使いにも適しています。20本限定モデルは、各ケースバックに個別の限定番号を刻み、“LIMITED EDITION”を箱の内側にエンボスで記した特製ウッドボックスに収められて提供されます。